右ナビゲーションはここから始まります。

文字の大きさ

ここから本文が始まっています。

物流用語集

用語 意味
3PL サード・パーティ・ロジスティクスの略。荷主企業に対し、物流サービスの向上及び業務の効率化を提案する事により、 物流業務を包括的に受託しコスト低減を図る新しいサービス。 3PL業者は外部の物流業者に対しては「荷主の物流部門」として中立的・客観的な立場 すなわち第三者(サード・パーティ)の立場から提案を行うため、従来のしがらみに 縛られない自由な物流業者の選択(もっとも利益を享受できる企業の選択)や、荷主側の 要望を一括して代理交渉することが可能になる。
B/L Bill of Lading。船荷証券。船便で貨物を輸送する場合に船会社が発行する有価証券で、基本的にはこの証券の所有者しか船会社から貨物を受け取ることが出来ない。航空便で同じような機能を持つ書類としてAWB(Air Way Bill、航空貨物運送状)があるが、単なる送り状であって所有権を表すものではない。
C&F (CFR) Cost & Freightの略。FOB価格に輸入地の港までの海上運賃を含んだ価格のこと。 海上保険料は含まない。
CFS Container Freight Stationの略。海貨における小口貨物の集荷、保管、蔵置する倉庫のこと。船会社または複合輸送業者が外部に管理を委託していることが多い。
CIF Cost, Insurance & Freightの略。C&F 価格に海上保険までを含んだ価格。
CY Container Yardの略。船会社によって指定された場所で、コンテナを集積、蔵地、受け渡しを行う場所のこと。通常は港湾のそばにあるが、内陸にあることもある。
FEU Forty Foot Equivalent Unitsの略。40フィートコンテナ換算でのコンテナ取扱量を示す値。20フィートコンテナは0.5本と数える。
FOB Free On Boardの略。貿易条件の一つ。一般に本船積渡し価格のこと。生産原価のほかに積み地側の梱包費、国内輸送費、検査料、通関料、船積み諸掛り費用などを含む。 海上運賃及び海上保険料は含まれない。
JIT Just In Timeの略。必要な部品を必要なときに必要なだけ生産するための生産方式。 部品の供給から生産、販売に至るまでの同期化を目指したもの。 売れるときに売れるだけしか造らないという考え方がベースで、典型的な例がトヨタのかんばん方式。
L/C Letter of Creditの略。信用状。輸入者が取引する銀行が輸入者の代金支払いに関して保証した書面をいう。輸出者側からは代金の回収が確実になるというメリットがある。
RFID Radio Frequency Identification.無線によりICを組み込んだ荷札やプレートを認識して、 物や場所の判別を行うもの。接触をせずにデータの読み書きが出来るという特徴があり、近年急速に注目を集めている技術。
S/I Shipping Instructionの略。船積指図書。通常は輸出者が海貨業者へ船積み手続きや作業を委託するために作成する書類。S/Iの他にInvoice、Packing Listなどの資料も同時に必要となる。
TEU Twenty Foot Equivalent Unitの略。20フィートコンテナ換算でのコンテナ取扱量。
アウトソーシング 企業等の組織が、従来内製していた、または新たに始める機能や業務について、 (1)コア業務への経営資源の集中(2)専門性の確保(3)コストの削減−などの明確な戦略をもって、業務の設計から運営までの一切を外部化することである。(通産省「平成8年度アウトソーシング産業の育成に関する調査研究」より)
アセット Asset。資産のこと。自分で倉庫や車両などを保有し運営するのがアセット型物流企業、資産を持たずノウハウをもとに他の業者を利用して業務を行うのがノンアセット型物流企業。
インボイス Invoice。主に輸出入の際に輸出者が輸入者に対し作成する送り状。出荷案内書、物品明細書、価格計算書、代金の請求書などの情報が記載される。他に輸出者/輸入者名、建値や通貨なども記載され輸出入の通関用にも使用される。
回収物流 静脈物流ともいう。不良品や廃棄物、リサイクル品の回収を行う事を言う。消費のためにモノ・情報を動かす場合を動脈物流とよぶこともある。
かんばん方式 トヨタ自動車が部品を供給する生産ラインの流れとして始めたシステムの事。 生産ラインにて、後工程の者が前工程に必要な物を取りに行く際、前工程の生産品にはオーダーに基づいた必要事項がプレートに記入されており、このプレートを「かんばん」と読むことから始まった。
クロス・ドッキング 物流センター業務において、複数の仕入先からの入庫貨物を在庫させる事なく、複数の配送先に交差・振り分け出荷する手法。 多くの仕入先がそれぞれの出荷先に個別配送していれば、荷受けの手間やトラックの台数も多くなり、必要な時に入荷することも難しくなる。これらの課題を解決するため、複数の仕入先からの種々の貨物を物流センタにて出荷先毎に取りまとめて集約配送する手法が考え出された。これがクロスドッキングである。 この方式の実現のためには、メーカーへの発注やその入庫予定、出荷先からの配送オーダーが正確に把握・マッチングできるシステムや、貨物の仕分け管理など高度な業務遂行機能が必要になる。
コア・コンピタンス 他社に真似のできない、自社ならではの価値提供ができる中核業務のこと。例えば、建設機械メーカーにとって、能力の高い油圧ショベルを設計・製造することはコア・コンピタンスであるが、これを保管、輸送することはコアな業務とはいえない。
貨物の容積、重量をカウントする物流業界独自の単位。1才=約0.028m3または8kg。
サプライ・チェーン
(・マネージメント)
Supply Chain (Management)。商品の供給に関係する全企業連鎖。商品の企画・調達・設計・開発・資材調達・製造・販売・教育・保守・廃棄などに関連する全分野を含 む一連の連鎖としての概念。 商品 の製造用の原材料や部品の製造、粗材料の製造にまで遡り、EDIと統合デー タベースによる情報の共有化によって、トータルとしての在庫削減、物流合理化を図 る事をサプライ・チェーン・マネジメントと呼ぶ。
商流 商取引上、モノの売買によって所有権が移って行く流れをいう。モノそのものの流れをさす「物流」と対する概念。
静脈物流 回収物流と同義。
ソリューション Solution. そのまま直訳すれば問題解決策。コンピュータソフトを利用したサービスの名称や、様々なサービス解説に使われることが多い。 提案型営業のためには、顧客の抱える問題点とその原因の正確な把握が非常に重要であり、それをもとにソリューションビジネスが展開される。 物流においては、荷主の売上拡大=事業拡大に貢献できるようなサービスの開発と提供が求められている。
調達物流 メーカーの生産現場(工場)側から見た場合、生産に必要な原材料や部品を仕入先から生産現場へ運び込む為の物流活動のこと。調達物流と生産物流の間には生産のタイミングに合わせるために、倉庫など何らかの保管システムが存在する場合があり、部品を供給するためには、運搬のためのシステムが存在する。
デバンニング Devanning. コンテナから荷物を出すこと。
ドレージ Drayage. ドレーとも言う。海上コンテナの陸送のこと。
納品代行 主に百貨店等の大型小売店へ納品を運送会社が一括代行するサービス。百貨店側が指定する運送業者が多くの納入業者の商品を集め、店舗別、フロア別に仕分けて一括して納品する方法。
販売物流 販売システムにおける物の流れに関連する諸活動の事、つまり、商品が最終需要者や消費者に納入されるまでの事を言う。もともと物流という単語は物的流通を略した言葉であるが、モノの流れの物流を示す場合と混同されがちで、調達物流、生産物流などと分野別に呼ぶようになった。
バンニング Vanning. コンテナに荷物を詰めること。
ピッキング Picking. 生産指示や注文などに応じ、ある品物を在庫されている状態から選び出す作業のこと。
フォワーダー Forwarder. 荷主と輸送会社の間に立って輸送のアレンジを行う業者。海貨業者系、航空代理店系、倉庫業系、運送業系、などベースとする業態によっていくつかの系統に分けられるが、いずれも国内輸送から通関業務、海外運送業務までドア・ツー・ドアのサービスを行い、単なる単一モードの輸送会社でなく複合的な輸送を行うのが普通。
物流 アメリカのマーケティング関係者によって造られた言葉、“Physical-Distribution”=「物的流通」の省略語。 商品の供給者からユーザー、エンドユーザー(消費者)への供給について、その組織とその管理方法を統合した機能をいう。物を動かすために必要な包装、保管、荷役、輸配送と流通加工、ならびに情報の諸機能も含まれる。
マテハン Material Handling.の略。普通は物流業務の作業効率をアップさせるために用いられる機器類を使って作業を行うことをさす。そのために用いられるのが「マテハン機器」。台車やフォークリフト、パレット、エアーバランサーなどもこの中に入る。
ミルクラン
(巡回部品引取り便)
巡回集荷。牛乳メーカーが原材料となる生乳を調達する為に、各牧場を巡回して集荷する事から名付けられた輸送方式。調達する側が特定の便で巡回して仕入れ品を集荷する方式を指す。各部品メーカーがそれぞれの輸送手段で工場へ納品してくる場合よりも効率が良い。
モーダルシフト Modal Shift。輸送方式の転換。輸送を行う際にトラックばかりを使っていたものを、 鉄道輸送に切り替えたり、海上輸送ばかりであったものを航空輸送に切り替えたりすること。主にトラック偏重型の輸送モードを鉄道を組合わせて道路の渋滞緩和や排気ガス削減を目指したり、輸送効率アップを目指したりという場合に使われる。 また、商品寿命の短い家電品など海上から航空に切り替えて、販売の機会損失を防ぐなどの例も見られる。
ロジスティクス 単なるモノの動きの管理だけでなく、市場の動きに合わせて生産や仕入活動を行う一連のマネジメントのこと。物流の上位の概念。もともとは兵站を意味する。 「ロジスティクスとはサプライチェーン管理の一部であり、顧客の要求に適合させるために、商品、サービスとそれに関連する情報の、 発生地点から消費地点に至るまでの効率的、効果的なフローと保管を、計画、実施、統制することである。」(米国ロジスティクス・マネジメント協議会による定義)
このページのトップへ

フッターはここから始まっています。